Blog Worth


My blog is worth $1,693.62.
How much is your blog worth?



CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MYBLOG LIST
BLOG PEOPLE
BLOGROLLING
LINKS
PROFILE
OTHERS
みんなのブログポータル JUGEM

a la carte

 なんでんかんでん
  なんでんこっでん
   どっでんかんでん ...etc.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | Claps!! |
ダ・ヴィンチ・コード その2
ダ・ヴィンチ・コード (下)ダ・ヴィンチ・コード下巻を先週末に読み終わったので、ちょっとだけその感想を…。


ミステリの常道の如く、話は二転・三転・四転。
敵は味方か? 味方は敵か??
読者はページをめくる手を思わず早めずにはおれません。:-)

ただ、翻訳のせいかなのか、作者の構成力の問題なのかよくわからないが、伏線がうまく描かれていない感じ。
何か唐突で強引な話の展開だなぁ。
これが映像(映画)ならば、効果的なサウンドやカメラアングル、登場人物の物腰や仕草などでさりげなく提示できるのだろう…。

最後の締めくくりもイマイチで、全般的にちょっと期待はずれの感はあるけれど、ストーリー自体は面白いし、話の舞台となる美術館・寺院・大邸宅、登場する美術品や小物、そして車や飛行機での脱出劇など、どちらかというと映画向きの設定なので、映像化されたら大ヒットするような気がする。


以上、簡単な感想でした。
現在は、本のセールスや話題で「ダ・ヴィンチ・コード」と1,2を争った
ダンテ・クラブ」を読書中。これまた歴史ミステリ。


※※※

●「ダ・ヴィンチ・コード」下巻に関連するWebサイトのメモ(英語)

Opus Dei (日本語)
 http://www.opusdei.jp/

Temple Church London Photo Gallery
 http://www.britainexpress.com/London/Temple_Church_Photo_Gallery.htm
The Temple Church, London - Place of Worship
 http://www.templechurch.com/

Westminster Abbey
 http://www.westminster-abbey.org/
Westminster Abbey - The Library and Archives - People Buried or Commemorated - Sir Isaac Newton
 http://www.westminster-abbey.org/library/burial/newton.htm

Rosslyn Chapel - The Official Website
 http://www.rosslynchapel.org.uk/

●「ダ・ヴィンチ・コード」と作者の公式サイト【ネタバレ注意】
 http://www.kadokawa.co.jp/davincicode/ (日本語)
 http://www.danbrown.com/
 http://www.danbrown.com/novels/davinci_code/reviews.html

| books | 16:35 | comments(1) | trackbacks(3) | Claps!! |
スポンサーサイト
| - | 16:35 | - | - | Claps!! |
こんばんわ!
TBありがとうございます、ダ・ヴィンチ・コード読み始めると
下巻まで一気にいってしまいますよね。

ダ・ヴィンチ・コードで歴史ミステリーがじわじわ売れ始めている
感じですね。

「ダンテ・クラブ」面白そうですね、レビューを見た感じ。
読み終えたら感想を教えて下さい!
| Apple 214 | 2004/09/17 6:57 PM |









http://ramjhi.jugem.cc/trackback/30
『ダ・ヴィンチ・コード 』
どこの本屋に行ってもベストセラーと名打った場所に あるんじゃないでしょうか? 読み始めたら止まらないのは本当ですね、面白かった! 西洋史・美術史の知識が増えたと思います。 この話はいわゆる聖杯伝説をベースとしたものです。 最近ではインディージョーン
| Apple 214 | 2004/09/17 6:58 PM |
ダヴィンチ・コードの考察
遅ればせながら、ようやく読破しました。どの書店でもベストセラーとして置いてあるコイツ。面白かったぜ。 美術に関するウンチクと、キリスト教に対するウンチクがたっぷり詰まってて、そんな中で殺人事件を解き明かしていくっていうミステリーを繰り広げる欲張りな
| 私的考察 | 2004/09/24 2:23 PM |
ダ・ヴィンチ・コードにはまりまくり
【ネタばれ有り・未読者注意!】 友人からずっと薦められていたし、書店で平積みになっていたのも知っていたが、なんか周りに迎合して本の趣味まで決められそうなのがイヤで読まないまま時が過ぎていた。でも、それ以前に読んでいた角川の「クムラン」で死海写本にはま
| 叡智の禁書図書館 | 2005/03/21 6:07 PM |


▲このページの先頭へ

RECOMMENDS
風と凪
風と凪 (JUGEMレビュー »)
熊木杏里,熊木杏里 feat.清塚信也
Stanford / Finzi: Clarinet Concertos
Stanford / Finzi: Clarinet Concertos (JUGEMレビュー »)
Thea King,Gerald Finzi,Charles Villiers Stanford,Alun Francis,Philharmonia Orchestra of London
ADS
ADS BY
Amazon.co.jp: アマゾンへようこそ!
オンライン書店ビーケーワン
【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ